あけましておめでとうございます

今年もどうぞよろしくお願いいたします。
今年はオリンピックの年、新しいことにもどんどんチャレンジして行きたいと思います。思い立ったら吉日、色々な事を後回しにせずに行動的に過ごしたいと思います。

春日大社

去年は20年ぶりにアメリカに行き、とても濃厚な時間を過ごしたのですが、そこにたどり着くのに20年かかってしまった事だけは悔やまれます。行こうと思えばもっと早く行けたのに、こんなに楽しいのだったら、もっと早く行けば良かったのにと、すごく損した気分です。もうちょっと行動が早ければな〜・・・って。最初の一歩って、遅らせる程にどんどん大変になってしまうのだと思います。

でも、去年ので勢いに乗っているから、気が大きくなって今年は結構身軽に行動できそうな気がしてきます(I hope…)。今年はそんな一年にしたいです。後回しにしないで、行動する。

年末には、夏お世話になった友人が家族連れで日本に遊びに来てくれるなど、総じてインターナショナル色の濃い一年でした。久しぶりに喋る英語も、始めは言葉がなかなか出てこなかったりしましたが、すぐにべらべらと無駄口を叩けるくらいになり、たくさん笑い、20年前に若返った気がしました。ついでに顔も若返ってないかと鏡を確認しましたが、お顔は変わらずでした。年末にRayが来てくれた事を書きましたが、実はRay一家に合わせて私の大学時代のルームメートも夫婦で来てくれていました。ルームメートは一緒にリサイタルを弾いたり、旅行をしたり、一緒に泣いたり笑ったり、大学時代で一番仲の良かった大親友です。今回はみんな家族も一緒だったのですが、家族同士もあっという間に仲良くなり、和気藹々と学生のように盛り上がり、本当に楽しい年末年始となりました。この仲間とまた音楽をしたいと、むくむく妄想しているところです。

ミニコンサート

Ray and Maya Kilburn at Cantabile Piano Studio
Ray and Maya Kilburn

年末、私のインディアナ大学時代のピアノの先輩のRayが家族を連れてここにやって来ました。Rayは、5月にも日本にやって来て、ここで公開レッスンを開いてくれたのですが、その奥様は日本人で声楽家。お子さんのマヤちゃんは、モデルのようなすらっとした美人で、まだ17歳になったばかりですが、素晴らしいバイオリンの腕前を持つ可愛らしいお嬢さんです。

今回はピアノ室でそのマヤちゃんがミニコンサートを開いてくれました。マヤちゃんは帰国後すぐに国際コンクールがあり、既に臨戦態勢。素晴らしいシベリウスのコンチェルト(Ray のピアノ伴奏)とバッハの無伴奏ソナタを演奏。部屋が広ければもっと大勢の人を招けたのに、招けなかった人たちには申し訳ないような、本当にとても贅沢な時間でした。また生駒に来て沢山の人の前で演奏をしてもらえないか、考えているところです。

クリスマスおさらい会2019

今年はカンタービレピアノ教室ピアノパーティーと題して、12月22日に南コミュニティーセンター小ホールで行いました。前半はパーティーと呼ぶには少し改まった感じでしたが、スタジオ全体のレベルの底上げにとにエチュードとスケールを弾いてもらい、後半にはクリスマスにちなんだ曲や、ゲーム、プレゼント交換、おやつタイムなどを持ってきて、みんなで年末大いに盛り上がりました。

みんなの感想・・・ゲームが一番楽しかったって、やっぱり、ね。

こどもCLASSIC塾

第2回こどもCLASSIC塾にカンタービレピアノ教室より生徒がこどもソリストとして出演することになりました。曲はクレメンティのソナチネです。準備期間がわずか2週間という中、見事オーディションを通過しました。オーケストラと演奏させていただくなんて、またとない機会。是非聴きに来てください。

ピアノと勉強の両立について考える

一生懸命にピアノを子供の頃より続けてきて、コンクールなどにも出場し成績を残してきたような子供が、小学4年か5年くらいになって勉強が忙しくなったからとか、塾に通うからと、あっさりとピアノを辞めてしまうケースが日本では非常に多い。どこのピアノ教室でも先生方を悩ませる事案だ。そして、どの先生も心の中では、「本当は続けられるのに」と思っている。なぜなら、先生自身もやめずに来たから。受験などで一時的にピアノに向かう時間が少なくなるにせよ、細くでも継続し、大変なその時期を辞めずに乗り越えてきた子供たちは、その後中学高校でも止める事なく、生涯音楽を友として続けている場合が多い。そして、それが人生をいかに豊かにするか、いかに自分を強くさせてくれたかを音楽をしている人はみんな知っている。趣味だからとか、プロになるかとかは関係なく、何かを継続してやることには意味がある。

それに高学年以降は、やっとベートーベンやショパンなどの本格的な名曲を弾くようになり、ピアノが本当の意味で楽しくなってくるので、メインディッシュを食べないで帰ってしまう人みたいで、非常にもったいない。シェフの気持ちにもなって欲しい。

こちらの記事は去年のピティナの特級で優勝した角野くんの記事である。音大生ではなく、東大の大学院の工学研究者でありながらの優勝。記事の中で彼は、勉強を1日に14時間したり、ピアノを1日に14時間弾く事はできないけど、それぞれを7時間ずつなら出来る、と書いている。凄い。数値を出してくるあたりが研究者らしく、分かりやすい。しかも、素人にもわかりやすい計算だ。

ところで、ピアノをやめて勉強に専念したいと言っている生徒たちは、果たして起きている時間全てを勉強に費やしているのだろうか。もしそうだとしたらピアノを生活に組み込むのはさすがに難儀だけれども、例えばテレビを見たりスマホをいじったりして、起きている時間全て勉強していないのだとしたら、ピアノをやめてしまう前に、なんとか時間の使い方を工夫できないか考えて欲しい。もちろん、ピアノは勉強ではないし、やらなきゃいけない義務でもない。でも、ピアノは、そして音楽は私たちの心を少し強く、そして豊かにしてくれるから、そう簡単に放棄するべきではない。人生においても大変な時や、ストレスに押しつぶされそうな時、私はピアノに向かうが、それがない人はどのようにして自分を立て直しているのだろうか。

人生においての宝物を簡単にギブアップして良いのか、両立する方法は無いのか親子で真剣に考えて欲しい。

おめでとう!がんばってる子供達!

夏はチャレンジの季節。毎年ピティナコンクールをカンタービレから何人か受けるのですが、今年は皆さん、本当に頑張った。自慢のようで恥ずかしいのですが、自慢の生徒たちです。どうか、自慢させてください。

今年はみんな本当に力がついてきたなと実感。なんと予選を受けた、のべ11人のうち、優秀賞が8名、奨励賞が2名。優秀賞の8人はこの後、本選へ進みます。

特に驚いたのは、予選真っ只中に、私が2週間もお休みをいただいて、のんびりとアメリカへバケーションに出かけていてレッスンができなかったのに、子供達が曲を自分で仕上げたり、維持メインテナンスをした点です。帰国後も、通常のレッスン以外に時間が取れなかったので、試演会を一度しましたが、そのくらいしかしてあげられませんでした。ほったらかしで、本当にごめんなさい、という気分でしたが、逆に自分で練習することができるようになってきた子供達の頑張る姿を見て感動しました。また、いつも協力的なご家族の方にはただただ頭がさがる思いです。

発表会での室内楽の経験や、公開レッスンなど、色々な行事によって音楽的な総合力がついてきて、個々が本当の意味でレベルアップしてきているんだな〜、と感激しきりです。

アメリカにちょっと里帰り

6月末から約2週間、アメリカに行って来ました。アメリカは、子供の頃から合計すると15年間も暮らしていたのに、大学院卒業後は、結婚、出産と忙しくしており、気がつくと20年間も本土のに行っていない事に・・・。

私にとっては第2の故郷なのですが、さすがに久しぶりすぎて外様な、観光客的な感じになるのかと思いきや、昔のルームメートや友人たちの予想をはるかに超える温かいおもてなしに、あっという間に家に戻った気分にさせてくれました。みんなお仕事まで休んで付き合ってくれ、夜な夜なお喋りが止まらず、というか、朝から一日中お喋りが止まらず、興奮しっぱなしの2週間でした。インディアナ大学や、シカゴなど、昔の懐かしい場所巡りもしました。

母校インディアナ大学の練習棟は円形のビル。
ぐるぐると空いている練習室を求め、徘徊したものです。
練習棟の中

レイ・キルバーン氏による公開レッスンを振り返って

5月15日、アメリカより来日中のレイ・キルバーン氏がカンタービレピアノ教室のスタジオでマスタークラスを開催してくださいました。

Ray Kilburn Master Class 2

ピアノ教室からは4名の生徒がレッスンをしてもらい、部屋に入りきらないくらいの大勢の方が聴講にいらっしゃいました。はじめは、外国人による英語でのレッスンに不安そうにしていた子たちも、レイのフレンドリーな人柄と、分かり易い英語に教室は始終、笑い声に溢れていました。作曲家や作品についての背景などを丁寧にお話しされ、レッスン生も聴講生も様々なインスピレーションを受けた様子でした。家に帰って、急に沢山練習するようになったと、ある親からお話を聞き、やって良かったと心から思いました。

プログラムは、以下の通りでした。

Ray Kilburn Master Class
  • ルーマニア民族舞曲(バルトーク)
  •  演奏会用練習曲「ためいき」(リスト)
  • トロルドハウゲンの婚礼の日(グリーグ)
  • ワルツ ロ短調 Op.69-2(ショパン)

レイ・キルバーン氏公開レッスン

カナダ人ピアニストのレイ・キルバーン氏がこのカンタービレピアノ教室で公開レッスンを行うことになりました。私のレッスンとは違う切り口で、色々と刺激になることと思います。先週来日し、北海道でのマスタークラスとレッスンを終え、今日は和歌山、明日はいよいよここでレッスンを行います。武庫川女子大、スタインウェイ神戸でのレッスンを終えたら、上海でも公開レッスン。超多忙なスケジュールの中レッスンをして頂けることに感謝です。また追ってご報告します。