に投稿

ピアノと勉強の両立について考える

一生懸命にピアノを子供の頃より続けてきて、コンクールなどにも出場し成績を残してきたような子供が、小学4年か5年くらいになって勉強が忙しくなったからとか、塾に通うからと、あっさりとピアノを辞めてしまうケースが日本では非常に多い。どこのピアノ教室でも先生方を悩ませる事案だ。そして、どの先生も心の中では、「本当は続けられるのに」と思っている。なぜなら、先生自身もやめずに来たから。受験などで一時的にピアノに向かう時間が少なくなるにせよ、細くでも継続し、大変なその時期を辞めずに乗り越えてきた子供たちは、その後中学高校でも止める事なく、生涯音楽を友として続けている場合が多い。そして、それが人生をいかに豊かにするか、いかに自分を強くさせてくれたかを音楽をしている人はみんな知っている。趣味だからとか、プロになるかとかは関係なく、何かを継続してやることには意味がある。

それに高学年以降は、やっとベートーベンやショパンなどの本格的な名曲を弾くようになり、ピアノが本当の意味で楽しくなってくるので、メインディッシュを食べないで帰ってしまう人みたいで、非常にもったいない。シェフの気持ちにもなって欲しい。

こちらの記事は去年のピティナの特級で優勝した角野くんの記事である。音大生ではなく、東大の大学院の工学研究者でありながらの優勝。記事の中で彼は、勉強を1日に14時間したり、ピアノを1日に14時間弾く事はできないけど、それぞれを7時間ずつなら出来る、と書いている。凄い。数値を出してくるあたりが研究者らしく、分かりやすい。しかも、素人にもわかりやすい計算だ。

ところで、ピアノをやめて勉強に専念したいと言っている生徒たちは、果たして起きている時間全てを勉強に費やしているのだろうか。もしそうだとしたらピアノを生活に組み込むのはさすがに難儀だけれども、例えばテレビを見たりスマホをいじったりして、起きている時間全て勉強していないのだとしたら、ピアノをやめてしまう前に、なんとか時間の使い方を工夫できないか考えて欲しい。もちろん、ピアノは勉強ではないし、やらなきゃいけない義務でもない。でも、ピアノは、そして音楽は私たちの心を少し強く、そして豊かにしてくれるから、そう簡単に放棄するべきではない。人生においても大変な時や、ストレスに押しつぶされそうな時、私はピアノに向かうが、それがない人はどのようにして自分を立て直しているのだろうか。

人生においての宝物を簡単にギブアップして良いのか、両立する方法は無いのか親子で真剣に考えて欲しい。

に投稿

おめでとう!がんばってる子供達!

夏はチャレンジの季節。毎年ピティナコンクールをカンタービレから何人か受けるのですが、今年は皆さん、本当に頑張った。自慢のようで恥ずかしいのですが、自慢の生徒たちです。どうか、自慢させてください。

今年はみんな本当に力がついてきたなと実感。なんと予選を受けた、のべ11人のうち、優秀賞が8名、奨励賞が2名。優秀賞の8人はこの後、本選へ進みます。

特に驚いたのは、予選真っ只中に、私が2週間もお休みをいただいて、のんびりとアメリカへバケーションに出かけていてレッスンができなかったのに、子供達が曲を自分で仕上げたり、維持メインテナンスをした点です。帰国後も、通常のレッスン以外に時間が取れなかったので、試演会を一度しましたが、そのくらいしかしてあげられませんでした。ほったらかしで、本当にごめんなさい、という気分でしたが、逆に自分で練習することができるようになってきた子供達の頑張る姿を見て感動しました。また、いつも協力的なご家族の方にはただただ頭がさがる思いです。

発表会での室内楽の経験や、公開レッスンなど、色々な行事によって音楽的な総合力がついてきて、個々が本当の意味でレベルアップしてきているんだな〜、と感激しきりです。

に投稿

アメリカにちょっと里帰り

6月末から約2週間、アメリカに行って来ました。アメリカは、子供の頃から合計すると15年間も暮らしていたのに、大学院卒業後は、結婚、出産と忙しくしており、気がつくと20年間も本土のに行っていない事に・・・。

私にとっては第2の故郷なのですが、さすがに久しぶりすぎて外様な、観光客的な感じになるのかと思いきや、昔のルームメートや友人たちの予想をはるかに超える温かいおもてなしに、あっという間に家に戻った気分にさせてくれました。みんなお仕事まで休んで付き合ってくれ、夜な夜なお喋りが止まらず、というか、朝から一日中お喋りが止まらず、興奮しっぱなしの2週間でした。インディアナ大学や、シカゴなど、昔の懐かしい場所巡りもしました。

母校インディアナ大学の練習棟は円形のビル。
ぐるぐると空いている練習室を求め、徘徊したものです。
練習棟の中

に投稿

レイ・キルバーン氏による公開レッスンを振り返って

5月15日、アメリカより来日中のレイ・キルバーン氏がカンタービレピアノ教室のスタジオでマスタークラスを開催してくださいました。

Ray Kilburn Master Class 2

ピアノ教室からは4名の生徒がレッスンをしてもらい、部屋に入りきらないくらいの大勢の方が聴講にいらっしゃいました。はじめは、外国人による英語でのレッスンに不安そうにしていた子たちも、レイのフレンドリーな人柄と、分かり易い英語に教室は始終、笑い声に溢れていました。作曲家や作品についての背景などを丁寧にお話しされ、レッスン生も聴講生も様々なインスピレーションを受けた様子でした。家に帰って、急に沢山練習するようになったと、ある親からお話を聞き、やって良かったと心から思いました。

プログラムは、以下の通りでした。

Ray Kilburn Master Class
  • ルーマニア民族舞曲(バルトーク)
  •  演奏会用練習曲「ためいき」(リスト)
  • トロルドハウゲンの婚礼の日(グリーグ)
  • ワルツ ロ短調 Op.69-2(ショパン)

に投稿

発表会無事終了

3月に発表会を開いて、はや1ヶ月が過ぎてしまいました。今年の発表会には多くのお客様がお越しになり、用意していた100部のプログラムが早々に無くなってしまい、慌てて保護者の方がコピーを取りに行く一幕もありました。チラシを見て来られた一般のお客さんや、生徒たちの学校のお友達や遠方に住むお祖父様、お祖母様など沢山の方にお越しいただき、予想を上回る盛り上がりとなり、また、沢山のお褒めの言葉を頂戴し、とても嬉しく思いました。

今回、生徒たちは初めての室内楽をプロの演奏家とする、という事で緊張感のあるレッスンを重ね、本番では精一杯力を出し切って出し切ってくれた事を感動しながら舞台裏で覗いていました。そしてソロの演奏にもその真剣な練習の成果は十分に現れていたように思います。

ピアノの発表会に他の楽器の音色が入るのは、聴いていて楽しかったなどと、沢山のお客さんに激励の言葉をいただき、また機会があればやりたいと強く思いました。ホールの舞台係のスタッフには、色々見てるけどこんなにみんな上手で盛大な発表会をするのはこの教室だけだ、すごいね〜、と言われ、お世辞でもなんだか嬉しかったです。バレエとの共演、動物の謝肉祭、ピーターと狼、色々やりましたが、来年は何をすれば良いのか・・・もうそろそろネタ切れです・・・。

ご協力をいただいたヴァイオリンの竹吉さんとチェロの半田さんには素晴らしい演奏をしていただき、感謝の気持ちしかありません。また、いつもピアノ教室にご理解ご協力くださっているご家族の方、どうもありがとうございました。

 

に投稿

ピアノ三重奏リハーサル

ピアノ三重奏、第一回目のリハーサルを無事済ませました。ドキドキしながら臨んだ生徒たち、優しく的確なアドバイスをしてくれたバイオリンとチェロの先生方、見ていて私もとても勉強になりました。弾いていくうちに、生徒の音がどんどん変化し、お互いの音を聴いて音楽が出来上がっていく様に感激しました。長い集中したリハーサルにお付き合い下さったバイオリンとチェロのお2人、どうも有難うございました。

に投稿

2018発表会無事終了

昨日、カンタービレピアノ教室第5回目の発表会を無事終了いたしました。

素晴らしい生徒とご家族の皆様に囲まれ、とても幸せなひと時でした。どの生徒もそれぞれに違ったドラマがあり、ここまで歩んで来た道のりを見て来た者として、どの演奏を聴いても胸が熱くなりました。発表会は楽しいコンサートであると同時に、少し難しいレパートリーにチャレンジする冒険の場でもあります。弾きたい曲がある生徒にはなるべくその気持ちを優先して、多少レベル的に難しい曲であってもチャレンジしてもらいました。実は1ヶ月前には間に合うかどうか自信がなく、延期も考えていました。ところが皆さん、見事に私の期待を裏切り、想像以上の出来栄えにまで持って来て本当に感動しました。自分の生徒なので、自画自賛になってしまいますが、この素晴らしい生徒たちを誇りに思います。

後半のピーターと狼では、プロコフィエフの慣れない譜読みやリズムに小学生たちは戸惑い、苦労しました。楽しめるところまで仕上げられるか正直とても不安でしたが、こちらも最後には見事に仕上げてくれて、みんなで力を合わせて一つの作品が出来上がりました。特に忙しい中お仕事の合間を縫って徹夜でセリフを考え、エキサイティングな朗読をしてくださったナレーターや、パワーポイントを操作してくれた方、とてもプロフェッショナルなクオリティーの仕事をしてくれましたが、実は、共にこのピアノ教室の生徒のお母様です。おかげで、当日は素晴らしい出来栄えで見ているお客様からも沢山お褒めの言葉をいただきました。

生徒たちのお母様や、ご家族の方にも本当に沢山ご協力いただき、みんなの力がなければ私一人では到底この発表会を開くことはできませんでした。どうも有難うございました。

に投稿

ショパンコンクール in Asia・アジア大会に行って来ました

昨日、ショパン国際コンクール in Asia のアジア大会の1・2年生の部に生徒ちゃんについて行って来ました。朝の5時過ぎに生駒の自宅を出て、東京へ日帰りです。生徒も朝からハイテンションで、午前中の練習室でしっかりウォーミングアップをし、直前の5分間練習でも絶好調。

そのままステージに上がる為待機していたら、やおらトイレに行きたいと言い出し、他の子達はすでに会場に入り、すごく焦ってトイレを済ませた生徒ちゃんだけ少し遅れて中に入りました。たったそれだけの事なのですが、その為か可哀想に緊張がMAXになってしまったようです。

結果は奨励賞。本人は自分の演奏が不本意だったようですが、本番はそういう事もあるさ、良い勉強ができたくらいに思って欲しいです。私も良い勉強になりました。

それにしても、わずか1ヶ月の準備期間で曲を今まで弾いた事ないような難しい曲を立派に仕上げ、ステージに上る恐怖を感じながらも果敢にチャレンジし、素晴らしい賞までいただき、私は本当に良かったと思います。

に投稿

褒めちぎるは、楽しい。

我が家にやってくる少1の双子ちゃんが面白い。昨日はお兄ちゃんが来て一生懸命にピアノを弾いているけど、手の形がふにゃふにゃで、音も揃っていない。でも、ガラスの心のこの男の子は何か言うと、結構すぐに泣いてしまうのです。

そこで、昨日は両手ユニゾンでドレミファソファミレドを弾く、というだけなんですが、こんな具合にレッスンをすすめました。

「手の形、きれいだね〜」

生徒:(急に手の形がピシッと良くなる)

まだ指先が曲がっているから

「指先、曲がらないでね。あ、3の指がすごくかっこいいね〜!3が一番いいね。すばらしい!」

突然全部の指を一生懸命きれいにし始める。

「そうそう、そしたら音まできれいになってきたよ。右と左の音が1つになるようにね(ユニソンのところ)」

急に揃い始める

「わあ〜〜!すごいね。良いお耳だね。揃っていないところがちゃんと聞こえているなんて、さすが小さい子は耳が素晴らしいね!」

「もう殆ど一緒に弾けるようになってるよ。上りはバッチリ。クレッシェンドまで出来てるよ!あとは、下りてくる時のファの音だけだね。」

ますます集中して聴くようになる。上りでクレッシェンドもするようになる。それまで気づいていなかったみたいだけど、急に生徒もファの音が揃っていないことに気づく。程なくして揃い始める。

お母さんに向かって「凄いよ!〇〇くん、なんだか別人みたいに綺麗な音が出るようになったね。褒めただけで、こんなに上手になるなんて、私、ちょっと分かって来た気がするわw。」

こんな具合で、みんなニコニコしながら帰って行きました。

いわゆる褒めちぎり作戦。

褒めちぎって、褒めちぎって、ああ楽しい!嬉しそうにしている生徒を見る私はもう、殆どおばあちゃんの目になっています。

こんなに楽しく面白いことはないので、これからも褒める技術の習得に励みます。