に投稿

ピアノと勉強の両立について考える

一生懸命にピアノを子供の頃より続けてきて、コンクールなどにも出場し成績を残してきたような子供が、小学4年か5年くらいになって勉強が忙しくなったからとか、塾に通うからと、あっさりとピアノを辞めてしまうケースが日本では非常に多い。どこのピアノ教室でも先生方を悩ませる事案だ。そして、どの先生も心の中では、「本当は続けられるのに」と思っている。なぜなら、先生自身もやめずに来たから。受験などで一時的にピアノに向かう時間が少なくなるにせよ、細くでも継続し、大変なその時期を辞めずに乗り越えてきた子供たちは、その後中学高校でも止める事なく、生涯音楽を友として続けている場合が多い。そして、それが人生をいかに豊かにするか、いかに自分を強くさせてくれたかを音楽をしている人はみんな知っている。趣味だからとか、プロになるかとかは関係なく、何かを継続してやることには意味がある。

それに高学年以降は、やっとベートーベンやショパンなどの本格的な名曲を弾くようになり、ピアノが本当の意味で楽しくなってくるので、メインディッシュを食べないで帰ってしまう人みたいで、非常にもったいない。シェフの気持ちにもなって欲しい。

こちらの記事は去年のピティナの特級で優勝した角野くんの記事である。音大生ではなく、東大の大学院の工学研究者でありながらの優勝。記事の中で彼は、勉強を1日に14時間したり、ピアノを1日に14時間弾く事はできないけど、それぞれを7時間ずつなら出来る、と書いている。凄い。数値を出してくるあたりが研究者らしく、分かりやすい。しかも、素人にもわかりやすい計算だ。

ところで、ピアノをやめて勉強に専念したいと言っている生徒たちは、果たして起きている時間全てを勉強に費やしているのだろうか。もしそうだとしたらピアノを生活に組み込むのはさすがに難儀だけれども、例えばテレビを見たりスマホをいじったりして、起きている時間全て勉強していないのだとしたら、ピアノをやめてしまう前に、なんとか時間の使い方を工夫できないか考えて欲しい。もちろん、ピアノは勉強ではないし、やらなきゃいけない義務でもない。でも、ピアノは、そして音楽は私たちの心を少し強く、そして豊かにしてくれるから、そう簡単に放棄するべきではない。人生においても大変な時や、ストレスに押しつぶされそうな時、私はピアノに向かうが、それがない人はどのようにして自分を立て直しているのだろうか。

人生においての宝物を簡単にギブアップして良いのか、両立する方法は無いのか親子で真剣に考えて欲しい。

に投稿

おめでとう!がんばってる子供達!

夏はチャレンジの季節。毎年ピティナコンクールをカンタービレから何人か受けるのですが、今年は皆さん、本当に頑張った。自慢のようで恥ずかしいのですが、自慢の生徒たちです。どうか、自慢させてください。

今年はみんな本当に力がついてきたなと実感。なんと予選を受けた、のべ11人のうち、優秀賞が8名、奨励賞が2名。優秀賞の8人はこの後、本選へ進みます。

特に驚いたのは、予選真っ只中に、私が2週間もお休みをいただいて、のんびりとアメリカへバケーションに出かけていてレッスンができなかったのに、子供達が曲を自分で仕上げたり、維持メインテナンスをした点です。帰国後も、通常のレッスン以外に時間が取れなかったので、試演会を一度しましたが、そのくらいしかしてあげられませんでした。ほったらかしで、本当にごめんなさい、という気分でしたが、逆に自分で練習することができるようになってきた子供達の頑張る姿を見て感動しました。また、いつも協力的なご家族の方にはただただ頭がさがる思いです。

発表会での室内楽の経験や、公開レッスンなど、色々な行事によって音楽的な総合力がついてきて、個々が本当の意味でレベルアップしてきているんだな〜、と感激しきりです。

に投稿

ショパンコンクール in Asia・アジア大会に行って来ました

昨日、ショパン国際コンクール in Asia のアジア大会の1・2年生の部に生徒ちゃんについて行って来ました。朝の5時過ぎに生駒の自宅を出て、東京へ日帰りです。生徒も朝からハイテンションで、午前中の練習室でしっかりウォーミングアップをし、直前の5分間練習でも絶好調。

そのままステージに上がる為待機していたら、やおらトイレに行きたいと言い出し、他の子達はすでに会場に入り、すごく焦ってトイレを済ませた生徒ちゃんだけ少し遅れて中に入りました。たったそれだけの事なのですが、その為か可哀想に緊張がMAXになってしまったようです。

結果は奨励賞。本人は自分の演奏が不本意だったようですが、本番はそういう事もあるさ、良い勉強ができたくらいに思って欲しいです。私も良い勉強になりました。

それにしても、わずか1ヶ月の準備期間で曲を今まで弾いた事ないような難しい曲を立派に仕上げ、ステージに上る恐怖を感じながらも果敢にチャレンジし、素晴らしい賞までいただき、私は本当に良かったと思います。

に投稿

ショパンコンクール in Asia 2017

昔、オランダ、アムステルダム近郊で夏行われている講習会、ホーランドミュージックセッション(Holland Music Session) で、まだお元気だったエキエル先生に教えていただいた事があります。エキエル先生はショパンのナショナルエディションを手がけた先生で、ショパンの権威でもあり、当時のショパンコンクールの審査員長でした。とても紳士な方で、銀髪をきっちりと分けて真夏にもかかわらず毎日スーツで学校にいらっしゃっていました。とても姿勢がきれいで、私の事を気に入ってくださりワルシャワ音楽院に勉強に来るように誘われたのですが、遠いからだとか、言葉が分からないからだとか、食事がまずそうだからとか、訳のわからない言い訳をしてお断りした記憶があります。そういうチャンスはもちろん二度と訪れることはなく、先生はもうお亡くなりになり、若い頃は色々勿体無い事をしたなあと今になって残念に思います。その時フィリッペという少年がいて、ショパンコンクールに出場するつもりで先生にレッスンをつけてもらいに来ていたのですが、コンサートで聴いた彼のバッハのパルティータ1番の美しさに心が震えたのを覚えています。「そう、これよコレ!私が弾きたいのは、こんな感じなのよ!」と思った記憶があります。日本に帰ってから暫くしてその彼がショパンコンクールで2位を取ったと聞き、なるほどと納得したものです。彼のバルカローレも美しかったけど、バッハは私とはとても違うレベルの行きたくても行けない場所に立っている気がしました。

さて、日本で毎年行われるショパンコンクールin Asia、審査員メンバーが錚々たる顔ぶれ。なんと、今年はあの時のフィリッペ・ジョジアーノが審査で来ているというではありませんか!なんだか懐かしい気持ちでいっぱいになりました。また彼の演奏が聴いてみたいものです。

カンタービレピアノ教室からは、2人の小学生が先週の全国大会に出場。年末もお正月も練習に明け暮れていたみたいです。本当に、偉いとしか言いようがありません。私なんて、おせち食べてお酒飲んで遊んでる間に、勤勉に自分たちで考えて練習しているのですもの。ところで、大勢の中でピアノをたった一人で、全くアウェイな場所で、知らない人たちの前で弾くなんて、殆どの人にとっては恐怖以外のなにものでもありません。その人たちの前に自らすすみ出て、ありったけの心を込めて弾く、集中して弾く、もうそれだけで賞賛に値します。あらゆる雑念をシャットアウトし、ピタッと心のスイッチをオンにして演奏する快感を、この子たちもだんだんと知るようになってきているように思います。よく、子供達から演奏時のことをあまり覚えていないなどと聞くけど、右脳が解放されたリラックス状態のなかで集中している、普段とは違う状態になっているのでしょう。この子たちもそんな感じを味わったのでしょうか。それにしても、たった1ヶ月で本選曲を練習し、思いっきり出し切って、清々しい表情でもどってきた2人を誇りに思います。1人は奨励賞をいただき、今週アジア大会に行って来ます。

コンクールで弾く際、ついつい正解を求めてしまいますが、演奏に正解、不正解はないと思います。考えうるあらゆる対策を立て、持っている知識を総動員して練習したのちは無の境地で持っているものを出すだけです。フィリッペの演奏が私の中にずっと残っているように、ずっと誰かの記憶に残るような演奏ができるようになりたいですね。

 

に投稿

バスティンコンクール速報

嬉しいニュースが飛び込んできたのは昨日、年の瀬も迫り、こちらは教え納めの最後のレッスンを前にのんびりと部屋の片付けをしていたところ、その生徒ちゃんから電話がありました。そう、昨日はバスティンコンクールの全国大会で、生徒の1人が予選を経て出場していたのでした。そしてなんと、嬉しい事に特別優秀賞のBastien Awardを受賞したのでした。1・2年の部は受験者数も多く激戦なのに、よく頑張りました。

でも、もっと驚いたのは後からお母様から聞いた話。生徒ちゃんはなんと前日より熱で寝込んでいたとの事、当日も体調が悪いのに朝の3時過ぎに家を出発して名古屋の会場入りしたことなどなど。根性のあるファミリーです。

でも、もう無茶はしないで早く元気になってちょうだいね。

に投稿

嬉しいニュースにあたふたする大人たち

全国大会進出決定しました!2名とも!

日曜日はなるべく仕事を入れないで休息日とさせてもらっています。昨日は紅葉を見に竜田川に行きました。竜田川と言っても、川なので近くは東生駒駅の横を流れていますが、もう少し上流?の信貴山辺りの竜田公園まで行って紅葉の遊歩道を歩いて来ました。ところで奈良は海無し県で、どちらが上流か、あまりよく分かりません。水の流れる方向を今度見てみようと思います。ゆっくりランチをしていたら、着いた頃雨がポツポツ降り始めてしまい、少し萎えてしまったものの、諦めずに行って良かったです。少し見頃は過ぎていたものの、見事な山紅葉が沢山ありました。

私がこのように遊んでいる最中、生徒が2人、ショパンコンクール in Asia を受けていたので、実はそちらもとても気になっていました。コンクールで弾くというのは大変なエネルギーを要するので、応援に駆けつけたい気持ちは山々なのですが、沢山の弟子が毎年色々な場所で受験する為、全てに行く事は到底無理なので、割り切って「行かない」事にしています。全て行かないのでは、現場の雰囲気も分からないし、もう少し上手に、柔軟に対応しないといけないですね。あまり役に立たない先生でごめんなさい。

親はなくても子は育つ、じゃないけど私のそんな心配をよそに2人とも最後までよく頑張り、良い演奏をし、見事通過!!全国大会に行ける事となりました!

さあ、ここからが大変です。何せ時間がなくて予選の曲をギリギリで仕上げたものだから、本選の曲はこれからスタート。昨夜は曲目を何にするか、もっと簡単なもに変更しようかと連絡を何度も取り合って、大人たちがあたふた。時間があれば十分弾けるはずなのですが、このような短期勝負は初めての事。心配…でも、子供の力は無限大です。大人の想像を裏切るような馬鹿力を見せて下さいね!