引っ越しました。近況報告。

長らく更新を怠ってしまい申し訳ございません。

前回更新より発表会を済ませ、4月より教室を白庭台に移転いたしました。自宅に併設した新しい教室は前より部屋も広くなり、グランドピアノも2台に増えてますます指導環境が整ってまいりました。

夏には沢山の生徒がピティナコンクールで健闘して一段と演奏に磨きがかかったように感じます。
帰ってきた生徒達に「どうだった?」と聞くと、「楽しかった!」と答えてくれたのが何より嬉しかったです。
生徒に常にお話しているのは、コンクールを成長のツールとして利用してほしいという事。一つの曲を
考えうる限り磨いて完成させるという勉強は、なかなか普段のレッスンでは出来ない事。そのため、私は
必ず生徒に満足のいく演奏が出来たかどうか尋ねるようにしています。親御さんには、こどものコンクールは
結果が大切なのではなく、いかにおおきく成長を遂げたかを見てあげて下さいと言っています。
コンクールですから、落ちる子もいます。ただ、スポーツの大会や学力テストではないので、評価する側も主観的でいい加減なものだし、受ける会場によっても結果が全く違ってくるようなものですので、結果だけに一喜一憂するのは間違えていると思います。努力した結果、子供が悲しい気持ちになったり、深く傷つく事、最悪なケースではピアノを嫌いになってしまうような事は絶対にあってはならない事だというのを、先生も生徒も親も、また、主催者側も肝に銘じておかなければならない事だと考えています。