プロフィール

宮崎朋子

インディアナ大学音楽学部ピアノ科を経て、全額奨学金を受け、同大学院を修了。同大学にてピアノ講師を務める。大学院卒業後、1996年に帰国。
ソサエティー・オブ・アメリカン・ミュージシャン・コンクールで第1位、
G.D.Searle ヤングパフォーマー・コンクールのピアノ部門優勝、全部門では第2位の成績をおさめる。 また、モーツァルテウム国際夏期音楽講習会(ザルツブルグ)、シオン国際音楽祭(スイス)などに多数参加。講習会の合間には、バックパッカーとして、ヨーロッパ女一人旅を断行。
これまでにピアノをルバ・ドビンスキー、エブリン・ブランカート、ロバート・マクドナルド、練木繁夫、浦山真紀子、堀江真理子の諸氏に師事。室内楽を堤剛、ジェームス・キャンベル、ロストスラフ・ドビンスキーらに師事。玉川大学芸術学部ピアノ科非常勤講師を務めるかたわら、2000年より東京の自宅にてピアノ教室を開き、子供から大人まで幅広く指導にあたる。2012年4月、奈良県生駒市へ転居。
全日本ピアノ指導者協会正会員。ピティナピアノコンクール審査員。

 

ここまで読んで下さってありがとうございます・・・

ところで、英語はペラペラですか?とよく聞かれます。アメリカ生活通算16年、最近喋る機会があまりありませんが、多分大丈夫でしょう。帰国後、英検を受けたら1級に合格しちゃいましたし、去年試しにTOEICを受けたところ、975点でした!これには私も周囲もビックリ。満点に近い成績らしく、筆記では「上位0パーセント」、リスニングでは「上位1パーセント」というカテゴリーに入っていました。ちなみに、あまり仕事では英語が活かせていないのですが、海外ドラマには凄くハマっており、しばしば寝不足に陥っています。

最近はミラーレス一眼を購入、カメラにもはまっています。このホームページの写真、全て私が撮りました!写真は撮るけど、私の写真を撮ってくれる人がいないので、右の写真を探すにあたって、自分の写真はとても少ないことに今気づきました。ところで、このホームページも私が作っちゃいました。我ながら、この年にして頑張ったと自負しています。ピアノ以外にもあちこちに興味のあり、のほほ~んとしている天然キャラな割には、忙しくしているのが好きです。高校1年と中学1年の男の子の母でもあります。日頃から沢山の子供と接しているのに、子育ては難しい!