プロフィール

宮崎朋子

インディアナ大学音楽学部ピアノ科を経て、全額奨学金を受け、同大学院を修了。同大学にてピアノ講師を務める。大学院卒業後、1996年に帰国。
ソサエティー・オブ・アメリカン・ミュージシャン・コンクールで第1位、
G.D.Searle ヤングパフォーマー・コンクールのピアノ部門優勝、全部門では第2位の成績をおさめる。 また、モーツァルテウム国際夏期音楽講習会(ザルツブルグ)、シオン国際音楽祭(スイス)などに多数参加。講習会の合間には、バックパッカーとして、ヨーロッパ女一人旅を断行。
これまでにピアノをルバ・ドビンスキー、エブリン・ブランカート、ロバート・マクドナルド、練木繁夫、浦山真紀子、堀江真理子の諸氏に師事。室内楽を堤剛、ジェームス・キャンベル、ロストスラフ・ドビンスキーらに師事。玉川大学芸術学部ピアノ科非常勤講師を務めるかたわら、2000年より東京の自宅にてピアノ教室を開き、子供から大人まで幅広く指導にあたる。2012年4月、奈良県生駒市へ転居。
全日本ピアノ指導者協会正会員。高の原音楽芸術協会会員。ピティナピアノコンクール審査員。

ここまで読んで下さってありがとうございます・・・

でも、自分自身についてもう少し。ピアノ以外のこと。

アメリカ生活が長かったので、英語はぺらぺらですか、とよく聞かれますが、ずっと喋っていなかったので、子供たちはなんと、私が英語を喋れると思っていなかったようです。自己弁明と自慢も兼ねて言いますと、昔帰国後、英検を受けたら一発で1級に合格しちゃいましたし、数年前、試しにTOEICを受けたところ、975点でした!これには私も周囲もビックリ。満点に近い成績らしく、筆記では「上位0パーセント」、リスニングでは「上位1パーセント」というカテゴリー。ピアノでもそんなに凄い成績を取ったことがないので、なんだか嬉しかったです。

ちなみに、あまり仕事でも子育てでも英語が全く活かせていなくて、子供たちは全く英語ができません。むしろ、苦手科目といっても良いくらい。何故もっと物心つく前から英語教育をしなかったのだろうかと、後悔しかありませんが、今はもう私のいうことなどちっとも聞いてくれません(涙)。私と同じような人がいたら、英語は、まだ訳のわからない幼少期から仕込むべきだと、声を大にして言いたいです。ところで、私の英語が最も生かされているのは海外ドラマを見る時で、しばしば寝不足に陥っています。

カメラにもゆる〜くはまっていますが、最近はスマホのカメラが進化しすぎて、愛用していたミラーレス一眼の出番がとんと減ってきてしまいました。でも、このホームページの写真、一応全て私が撮りました!写真は撮るけど、私の写真を撮ってくれる人がいないので、右の写真を探すにあたって、自分の写真はとても少ないことに今気づきました。発表会など私が仕切っているイベントの写真も異様に少ないです。

ところで、このホームページ、私が作っちゃいました。ワードプレスをインストールして、ネットや本で調べながら一から作りました。ところが、作った時は良かったのですが、以後ホームページの更新が滅多にできずに、たまにコンピュータを開けると、付け焼き刃的な方法で作ったから、やり方すら忘れてしまい色々な不具合も生じる始末。所詮素人のページなので、リンク先など、変なところがあればどうかご指摘ください。ピアノ以外にもあちこちに興味のあり、のほほ~んとしている割には、忙しくしているのが好きです。そう、最近ホットヨガを始めました。水をゴクゴク飲んで、すごく汗をかいて、爽快感が半端ないです。

そうそう、先ほど子供と英語教育について述べましたが、高校3年と中学3年の男の子の母でもあります。言うことを聞いてくれないです。ピアノの生徒たちはこんなに素直に言うことを聞いてくれるのに、なんで??!日頃から沢山の子供と接しているのに、子育ては難しい!