褒めちぎるは、楽しい。

我が家にやってくる少1の双子ちゃんが面白い。昨日はお兄ちゃんが来て一生懸命にピアノを弾いているけど、手の形がふにゃふにゃで、音も揃っていない。でも、ガラスの心のこの男の子は何か言うと、結構すぐに泣いてしまうのです。

そこで、昨日は両手ユニゾンでドレミファソファミレドを弾く、というだけなんですが、こんな具合にレッスンをすすめました。

「手の形、きれいだね〜」

生徒:(急に手の形がピシッと良くなる)

まだ指先が曲がっているから

「指先、曲がらないでね。あ、3の指がすごくかっこいいね〜!3が一番いいね。すばらしい!」

突然全部の指を一生懸命きれいにし始める。

「そうそう、そしたら音まできれいになってきたよ。右と左の音が1つになるようにね(ユニソンのところ)」

急に揃い始める

「わあ〜〜!すごいね。良いお耳だね。揃っていないところがちゃんと聞こえているなんて、さすが小さい子は耳が素晴らしいね!」

「もう殆ど一緒に弾けるようになってるよ。上りはバッチリ。クレッシェンドまで出来てるよ!あとは、下りてくる時のファの音だけだね。」

ますます集中して聴くようになる。上りでクレッシェンドもするようになる。それまで気づいていなかったみたいだけど、急に生徒もファの音が揃っていないことに気づく。程なくして揃い始める。

お母さんに向かって「凄いよ!〇〇くん、なんだか別人みたいに綺麗な音が出るようになったね。褒めただけで、こんなに上手になるなんて、私、ちょっと分かって来た気がするわw。」

こんな具合で、みんなニコニコしながら帰って行きました。

いわゆる褒めちぎり作戦。

褒めちぎって、褒めちぎって、ああ楽しい!嬉しそうにしている生徒を見る私はもう、殆どおばあちゃんの目になっています。

こんなに楽しく面白いことはないので、これからも褒める技術の習得に励みます。