あけましておめでとうございます

今年もどうぞよろしくお願いいたします。
今年はオリンピックの年、新しいことにもどんどんチャレンジして行きたいと思います。思い立ったら吉日、色々な事を後回しにせずに行動的に過ごしたいと思います。

春日大社

去年は20年ぶりにアメリカに行き、とても濃厚な時間を過ごしたのですが、そこにたどり着くのに20年かかってしまった事だけは悔やまれます。行こうと思えばもっと早く行けたのに、こんなに楽しいのだったら、もっと早く行けば良かったのにと、すごく損した気分です。もうちょっと行動が早ければな〜・・・って。最初の一歩って、遅らせる程にどんどん大変になってしまうのだと思います。

でも、去年ので勢いに乗っているから、気が大きくなって今年は結構身軽に行動できそうな気がしてきます(I hope…)。今年はそんな一年にしたいです。後回しにしないで、行動する。

年末には、夏お世話になった友人が家族連れで日本に遊びに来てくれるなど、総じてインターナショナル色の濃い一年でした。久しぶりに喋る英語も、始めは言葉がなかなか出てこなかったりしましたが、すぐにべらべらと無駄口を叩けるくらいになり、たくさん笑い、20年前に若返った気がしました。ついでに顔も若返ってないかと鏡を確認しましたが、お顔は変わらずでした。年末にRayが来てくれた事を書きましたが、実はRay一家に合わせて私の大学時代のルームメートも夫婦で来てくれていました。ルームメートは一緒にリサイタルを弾いたり、旅行をしたり、一緒に泣いたり笑ったり、大学時代で一番仲の良かった大親友です。今回はみんな家族も一緒だったのですが、家族同士もあっという間に仲良くなり、和気藹々と学生のように盛り上がり、本当に楽しい年末年始となりました。この仲間とまた音楽をしたいと、むくむく妄想しているところです。

ミニコンサート

Ray and Maya Kilburn at Cantabile Piano Studio
Ray and Maya Kilburn

年末、私のインディアナ大学時代のピアノの先輩のRayが家族を連れてここにやって来ました。Rayは、5月にも日本にやって来て、ここで公開レッスンを開いてくれたのですが、その奥様は日本人で声楽家。お子さんのマヤちゃんは、モデルのようなすらっとした美人で、まだ17歳になったばかりですが、素晴らしいバイオリンの腕前を持つ可愛らしいお嬢さんです。

今回はピアノ室でそのマヤちゃんがミニコンサートを開いてくれました。マヤちゃんは帰国後すぐに国際コンクールがあり、既に臨戦態勢。素晴らしいシベリウスのコンチェルト(Ray のピアノ伴奏)とバッハの無伴奏ソナタを演奏。部屋が広ければもっと大勢の人を招けたのに、招けなかった人たちには申し訳ないような、本当にとても贅沢な時間でした。また生駒に来て沢山の人の前で演奏をしてもらえないか、考えているところです。

ピアノと勉強の両立について考える

一生懸命にピアノを子供の頃より続けてきて、コンクールなどにも出場し成績を残してきたような子供が、小学4年か5年くらいになって勉強が忙しくなったからとか、塾に通うからと、あっさりとピアノを辞めてしまうケースが日本では非常に多い。どこのピアノ教室でも先生方を悩ませる事案だ。そして、どの先生も心の中では、「本当は続けられるのに」と思っている。なぜなら、先生自身もやめずに来たから。受験などで一時的にピアノに向かう時間が少なくなるにせよ、細くでも継続し、大変なその時期を辞めずに乗り越えてきた子供たちは、その後中学高校でも止める事なく、生涯音楽を友として続けている場合が多い。そして、それが人生をいかに豊かにするか、いかに自分を強くさせてくれたかを音楽をしている人はみんな知っている。趣味だからとか、プロになるかとかは関係なく、何かを継続してやることには意味がある。

それに高学年以降は、やっとベートーベンやショパンなどの本格的な名曲を弾くようになり、ピアノが本当の意味で楽しくなってくるので、メインディッシュを食べないで帰ってしまう人みたいで、非常にもったいない。シェフの気持ちにもなって欲しい。

こちらの記事は去年のピティナの特級で優勝した角野くんの記事である。音大生ではなく、東大の大学院の工学研究者でありながらの優勝。記事の中で彼は、勉強を1日に14時間したり、ピアノを1日に14時間弾く事はできないけど、それぞれを7時間ずつなら出来る、と書いている。凄い。数値を出してくるあたりが研究者らしく、分かりやすい。しかも、素人にもわかりやすい計算だ。

ところで、ピアノをやめて勉強に専念したいと言っている生徒たちは、果たして起きている時間全てを勉強に費やしているのだろうか。もしそうだとしたらピアノを生活に組み込むのはさすがに難儀だけれども、例えばテレビを見たりスマホをいじったりして、起きている時間全て勉強していないのだとしたら、ピアノをやめてしまう前に、なんとか時間の使い方を工夫できないか考えて欲しい。もちろん、ピアノは勉強ではないし、やらなきゃいけない義務でもない。でも、ピアノは、そして音楽は私たちの心を少し強く、そして豊かにしてくれるから、そう簡単に放棄するべきではない。人生においても大変な時や、ストレスに押しつぶされそうな時、私はピアノに向かうが、それがない人はどのようにして自分を立て直しているのだろうか。

人生においての宝物を簡単にギブアップして良いのか、両立する方法は無いのか親子で真剣に考えて欲しい。

発表会無事終了

3月に発表会を開いて、はや1ヶ月が過ぎてしまいました。今年の発表会には多くのお客様がお越しになり、用意していた100部のプログラムが早々に無くなってしまい、慌てて保護者の方がコピーを取りに行く一幕もありました。チラシを見て来られた一般のお客さんや、生徒たちの学校のお友達や遠方に住むお祖父様、お祖母様など沢山の方にお越しいただき、予想を上回る盛り上がりとなり、また、沢山のお褒めの言葉を頂戴し、とても嬉しく思いました。

今回、生徒たちは初めての室内楽をプロの演奏家とする、という事で緊張感のあるレッスンを重ね、本番では精一杯力を出し切って出し切ってくれた事を感動しながら舞台裏で覗いていました。そしてソロの演奏にもその真剣な練習の成果は十分に現れていたように思います。

ピアノの発表会に他の楽器の音色が入るのは、聴いていて楽しかったなどと、沢山のお客さんに激励の言葉をいただき、また機会があればやりたいと強く思いました。ホールの舞台係のスタッフには、色々見てるけどこんなにみんな上手で盛大な発表会をするのはこの教室だけだ、すごいね〜、と言われ、お世辞でもなんだか嬉しかったです。バレエとの共演、動物の謝肉祭、ピーターと狼、色々やりましたが、来年は何をすれば良いのか・・・もうそろそろネタ切れです・・・。

ご協力をいただいたヴァイオリンの竹吉さんとチェロの半田さんには素晴らしい演奏をしていただき、感謝の気持ちしかありません。また、いつもピアノ教室にご理解ご協力くださっているご家族の方、どうもありがとうございました。

 

第6回カンタービレピアノ教室発表会のお知らせ

 

今回の発表会は、念願の室内楽です!プロのバイオリニストとチェリストをお招きし、ピアノトリオの演奏をすることとなりました。生徒達も滅多にないプロとの演奏の機会に胸を躍らせています。ソロの演奏も、もちろんありますよ。毎年ワクワクする企画を考えるのですが、今回は格別な演奏会になると思いますので、どなたでもお気軽に聴きにいらしてください。入場無料です。

日時:2019年3月17日(日)午後1:00開演 (開演時刻が変更しました)

場所:南コミュニティーセンターせせらぎホール

チラシPDFはこちら

 

クリスマスおさらい会&パーティー

カンタービレのみんなは普段からとても真面目で熱心にピアノのおけいこに取り組んでいます。先月、割と真剣なおさらい会を開いたばかりなので、今度のクリスマスおさらい会はクリスマス曲の連弾と、ゲームなど。いつも一生懸命なみんななのですが、今回は全力で楽しんでもらおうと真剣に遊ぶ計画を立てています。そして、もうすっかり仲良くなってしまったお母様たちに幹事をお願いし、最後は私の個人的なリクエストで焼肉屋さんの飲み会で締めくくります。

目下の悩みは、ゲームの部分の中身。下は幼稚園児から、上は高校生まで、みんなに楽しんでもらえて、しかも「これ、簡単すぎる!退屈。」と思われたくない・・・。イス取りゲーム?ハンカチ落とし?う〜ん・・・考え始めるとどれもいまいちな気がして、なかなか全員に喜ばれそうな内容のゲームを決めるのはハードル高いわ。

少しだけ、内容を明かすと、ドレミパイプという円柱の棒のような物を使って、みんなで合奏をしてみようかな、と考えています。当日までは子供達には触らせていないので、全くの初見です。1本1本の棒がそれぞれドとか、レとかになっていて、叩くと音が出ます。それでみんなで曲を演奏してみたいと思います。これだと、聴きにきている大人の人にも参加してもらえるので、盛り上がってくれるといいな〜。ドレミパイプの凄い動画がこちら。アメリカでは Boomwhackers と言います。

そう考えると、ピアノを弾くって凄いことだわ。どの年代の子も、私を含み、簡単すぎるから退屈だわ、という事には決してならない。何歳になってもピアノを弾くって常に新鮮で、常にチャレンジです。

コンペ直前おさらい会

そろそろピティナの予選などの本番が近い生徒が何人かいるので、試演会を企画しました。

日時:  6月16日(土) 17:15~
場所: 生駒市南コミュニティーセンター 小ホール

目的は人前で弾く事。普段とは違う条件下でも気持ちを込めて演奏をして欲しいと思います。人前での演奏は、レッスンで何度かけても教えられない、なにか魔法の力を持っています

ピアノの演奏、なんだかワインの熟成と似ているような気がします。フレッシュな演奏がどのように変化するか、ワクワクします。

試演会をご聴講される方はご連絡ください。

第5回 カンタービレピアノ教室発表会のお知らせ

日時: 2018年3月18日(日)午後2時開演
※途中ティータイムがあります

場所: 生駒市南コミュニティーセンター せせらぎホール

 

カンタービレピアノ教室発表会もお陰様で今回で第5回目となります。生徒たちはコンクールやステップなど、発表の機会は他にもあるのですが、発表会は特別で、「音楽ってこんなに楽しいんだよ!ピアノを弾いている仲間もこんなに沢山いるんだよ」という事を体験して欲しいと考えながら毎年企画しています。今年も大いに盛り上がって欲しいと思います。

今回は、前半にソロピアノ演奏、後半に連弾版のプロコフィエフ作曲ピーターと狼を上演することとなりました。現在みんなで一生懸命練習しております。

ピーターと狼は、もともとオーケストラにナレーションがついた音楽物語なのですが、今回はナレーションに加え、スライドショーでの映像も付けて、ビジュアルからも物語と音楽の世界を楽しんでいただけるような作品に仕上げました。

どなたでもご見学いただけますので、教室入会にご興味がある方などもこの機会にお気軽のお越しください。入場は無料です。

 

バスティンコンクール速報

嬉しいニュースが飛び込んできたのは昨日、年の瀬も迫り、こちらは教え納めの最後のレッスンを前にのんびりと部屋の片付けをしていたところ、その生徒ちゃんから電話がありました。そう、昨日はバスティンコンクールの全国大会で、生徒の1人が予選を経て出場していたのでした。そしてなんと、嬉しい事に特別優秀賞のBastien Awardを受賞したのでした。1・2年の部は受験者数も多く激戦なのに、よく頑張りました。

でも、もっと驚いたのは後からお母様から聞いた話。生徒ちゃんはなんと前日より熱で寝込んでいたとの事、当日も体調が悪いのに朝の3時過ぎに家を出発して名古屋の会場入りしたことなどなど。根性のあるファミリーです。

でも、もう無茶はしないで早く元気になってちょうだいね。