2018発表会無事終了

昨日、カンタービレピアノ教室第5回目の発表会を無事終了いたしました。

素晴らしい生徒とご家族の皆様に囲まれ、とても幸せなひと時でした。どの生徒もそれぞれに違ったドラマがあり、ここまで歩んで来た道のりを見て来た者として、どの演奏を聴いても胸が熱くなりました。発表会は楽しいコンサートであると同時に、少し難しいレパートリーにチャレンジする冒険の場でもあります。弾きたい曲がある生徒にはなるべくその気持ちを優先して、多少レベル的に難しい曲であってもチャレンジしてもらいました。実は1ヶ月前には間に合うかどうか自信がなく、延期も考えていました。ところが皆さん、見事に私の期待を裏切り、想像以上の出来栄えにまで持って来て本当に感動しました。自分の生徒なので、自画自賛になってしまいますが、この素晴らしい生徒たちを誇りに思います。

後半のピーターと狼では、プロコフィエフの慣れない譜読みやリズムに小学生たちは戸惑い、苦労しました。楽しめるところまで仕上げられるか正直とても不安でしたが、こちらも最後には見事に仕上げてくれて、みんなで力を合わせて一つの作品が出来上がりました。特に忙しい中お仕事の合間を縫って徹夜でセリフを考え、エキサイティングな朗読をしてくださったナレーターや、パワーポイントを操作してくれた方、とてもプロフェッショナルなクオリティーの仕事をしてくれましたが、実は、共にこのピアノ教室の生徒のお母様です。おかげで、当日は素晴らしい出来栄えで見ているお客様からも沢山お褒めの言葉をいただきました。

生徒たちのお母様や、ご家族の方にも本当に沢山ご協力いただき、みんなの力がなければ私一人では到底この発表会を開くことはできませんでした。どうも有難うございました。

第5回 カンタービレピアノ教室発表会のお知らせ

日時: 2018年3月18日(日)午後2時開演
※途中ティータイムがあります

場所: 生駒市南コミュニティーセンター せせらぎホール

 

カンタービレピアノ教室発表会もお陰様で今回で第5回目となります。生徒たちはコンクールやステップなど、発表の機会は他にもあるのですが、発表会は特別で、「音楽ってこんなに楽しいんだよ!ピアノを弾いている仲間もこんなに沢山いるんだよ」という事を体験して欲しいと考えながら毎年企画しています。今年も大いに盛り上がって欲しいと思います。

今回は、前半にソロピアノ演奏、後半に連弾版のプロコフィエフ作曲ピーターと狼を上演することとなりました。現在みんなで一生懸命練習しております。

ピーターと狼は、もともとオーケストラにナレーションがついた音楽物語なのですが、今回はナレーションに加え、スライドショーでの映像も付けて、ビジュアルからも物語と音楽の世界を楽しんでいただけるような作品に仕上げました。

どなたでもご見学いただけますので、教室入会にご興味がある方などもこの機会にお気軽のお越しください。入場は無料です。

 

ショパンコンクール in Asia・アジア大会に行って来ました

昨日、ショパン国際コンクール in Asia のアジア大会の1・2年生の部に生徒ちゃんについて行って来ました。朝の5時過ぎに生駒の自宅を出て、東京へ日帰りです。生徒も朝からハイテンションで、午前中の練習室でしっかりウォーミングアップをし、直前の5分間練習でも絶好調。

そのままステージに上がる為待機していたら、やおらトイレに行きたいと言い出し、他の子達はすでに会場に入り、すごく焦ってトイレを済ませた生徒ちゃんだけ少し遅れて中に入りました。たったそれだけの事なのですが、その為か可哀想に緊張がMAXになってしまったようです。

結果は奨励賞。本人は自分の演奏が不本意だったようですが、本番はそういう事もあるさ、良い勉強ができたくらいに思って欲しいです。私も良い勉強になりました。

それにしても、わずか1ヶ月の準備期間で曲を今まで弾いた事ないような難しい曲を立派に仕上げ、ステージに上る恐怖を感じながらも果敢にチャレンジし、素晴らしい賞までいただき、私は本当に良かったと思います。

ショパンコンクール in Asia 2017

昔、オランダ、アムステルダム近郊で夏行われている講習会、ホーランドミュージックセッション(Holland Music Session) で、まだお元気だったエキエル先生に教えていただいた事があります。エキエル先生はショパンのナショナルエディションを手がけた先生で、ショパンの権威でもあり、当時のショパンコンクールの審査員長でした。とても紳士な方で、銀髪をきっちりと分けて真夏にもかかわらず毎日スーツで学校にいらっしゃっていました。とても姿勢がきれいで、私の事を気に入ってくださりワルシャワ音楽院に勉強に来るように誘われたのですが、遠いからだとか、言葉が分からないからだとか、食事がまずそうだからとか、訳のわからない言い訳をしてお断りした記憶があります。そういうチャンスはもちろん二度と訪れることはなく、先生はもうお亡くなりになり、若い頃は色々勿体無い事をしたなあと今になって残念に思います。その時フィリッペという少年がいて、ショパンコンクールに出場するつもりで先生にレッスンをつけてもらいに来ていたのですが、コンサートで聴いた彼のバッハのパルティータ1番の美しさに心が震えたのを覚えています。「そう、これよコレ!私が弾きたいのは、こんな感じなのよ!」と思った記憶があります。日本に帰ってから暫くしてその彼がショパンコンクールで2位を取ったと聞き、なるほどと納得したものです。彼のバルカローレも美しかったけど、バッハは私とはとても違うレベルの行きたくても行けない場所に立っている気がしました。

さて、日本で毎年行われるショパンコンクールin Asia、審査員メンバーが錚々たる顔ぶれ。なんと、今年はあの時のフィリッペ・ジョジアーノが審査で来ているというではありませんか!なんだか懐かしい気持ちでいっぱいになりました。また彼の演奏が聴いてみたいものです。

カンタービレピアノ教室からは、2人の小学生が先週の全国大会に出場。年末もお正月も練習に明け暮れていたみたいです。本当に、偉いとしか言いようがありません。私なんて、おせち食べてお酒飲んで遊んでる間に、勤勉に自分たちで考えて練習しているのですもの。ところで、大勢の中でピアノをたった一人で、全くアウェイな場所で、知らない人たちの前で弾くなんて、殆どの人にとっては恐怖以外のなにものでもありません。その人たちの前に自らすすみ出て、ありったけの心を込めて弾く、集中して弾く、もうそれだけで賞賛に値します。あらゆる雑念をシャットアウトし、ピタッと心のスイッチをオンにして演奏する快感を、この子たちもだんだんと知るようになってきているように思います。よく、子供達から演奏時のことをあまり覚えていないなどと聞くけど、右脳が解放されたリラックス状態のなかで集中している、普段とは違う状態になっているのでしょう。この子たちもそんな感じを味わったのでしょうか。それにしても、たった1ヶ月で本選曲を練習し、思いっきり出し切って、清々しい表情でもどってきた2人を誇りに思います。1人は奨励賞をいただき、今週アジア大会に行って来ます。

コンクールで弾く際、ついつい正解を求めてしまいますが、演奏に正解、不正解はないと思います。考えうるあらゆる対策を立て、持っている知識を総動員して練習したのちは無の境地で持っているものを出すだけです。フィリッペの演奏が私の中にずっと残っているように、ずっと誰かの記憶に残るような演奏ができるようになりたいですね。

 

クリスマスおさらい会、無事終了

クリスマスおさらい会、無事終了いたしました。みんな自己ベスト更新くらいに素晴らしい演奏をしてくれて、とても誇らしく、またとても感動しました。このおさらい会、実は準備期間が非常に短く、中には半月くらいしか練習期間がなかった人もいました。私のミスで、新曲を出してから先週のレッスンまで一回も見てあげられなかった為に、音もリズムも間違いだらけで来た生徒が、たったの数日で間違いを全てなおして完璧に仕上げて来たのには正直舌をまきました。それぞれの子供のレッスンと成長過程にドラマがあり、みんな一生懸命で、想像以上のレベルにまで仕上げてくれ、ピアノを教えていて本当に良かったと思えるおさらい会でした。

教室の方針にご理解いただき、協力的なご家族の方にも感謝の気持ちしかありません。やはり音楽は素晴らしいですね。音楽を通じてみんなと繋がれる事をとても幸せに感じます。今回、連弾曲もたくさん演奏してもらったのですが、子供同士ばかりではなく、お互いの家に行くなどして親同士も仲良くなれたみたいで、「またやりたい!」という声も多々聞かれました。私自身もお母様2人とクリスマス曲の連弾をし、沢山笑い、それはそれは楽しかったです。

クリスマスおさらい会

クリスマスおさらい会を開催する事となりました。去年は自宅での開催で、アットホームな雰囲気でしたが、全員同時に行うのが難しく、3回に分けて行いました。それも楽しかったのですが、今年は趣向を変えてホールで全員で集まります。ゲームもスペースがあるので色々想像が膨らみますし、色々なレベルの人の演奏を聴くこともできますので、少し朝早いスタートですが教室に興味のある方は是非この機会に見学にいらしてください。見学のお申し込みは問い合わせフォームからどうぞ。

  • 日時:  2017年12月17日(日) 午前9時半開演

 

リサイタルのご案内

今度、大阪でソロリサイタルを開く事になりました!
頑張りますので、是非よろしくお願いします。
それにしても、リサイタルを開くのって弾く方も大変ですが、聴く方も2時間近くある演奏をじっと座って聴くなんて、きっと大変だと思います。今回のプログラムには皆さんにも馴染みのなる曲を沢山入れて、飽きないように色々工夫をいたしました。慣れないトークも少しばかりしたいと思いますので、是非お気軽にお越し下さいませ。

リサイタルチラシ

席に限りがありますので、できればご予約の上、お越しください。

日時:  2017年10月21日(土) 3時開演(2:30開場)
場所:   ヤマハミュージック 大阪なんば店 2Fサロン

第4回発表会を振り返って

発表会も今回で4回目。今年は、連弾がテーマでした。しかも、目玉の連弾は「おもしろ連弾」シリーズから何曲か弾いて、会場の皆様に曲を当ててもらうという、クイズ形式。この連弾では、いろいろな童謡や有名なメロディーが同時に何曲も出てきて、素敵な一つの曲になっているものです。聴き慣れたメロディーも、同時に聞こえてくると聴こえにくいもので、皆さん一生懸命にメモを取りながら考えて下さりました。毎年の発表会、ピアノソロを弾く以外に何か出し物を考えるのですが、もちろんソロ曲にも注力しています。そちらがメインパートなのは言うまでもありません。でも、普段どうしても孤独になりがちなピアノ学習ですので、他の人とのふれあいの中、少しでも楽しんでもらえるようにと願って、無い知恵を絞り毎年の発表会を開いている次第です。

今年はお手玉ダンスは”Ten Little Monkeys”  お猿さんのかぶり物をして、みんなで踊りました。年々、生徒も歳が上がり、弾く曲が長くて聴きごたえあるものになってきたのは嬉しい限りです。どうもお疲れ様でした。

第4回 2017年度カンタービレピアノ教室発表会のお知らせ

いよいよ2017年度の発表会が近づいてまいりました。
素敵な演奏ができるよう、皆さんこの日のために頑張ってきました。
どうぞお気軽にお立ち寄りください。

日時:  2017年5月28日 1時開演(12:45開場)

場所:  生駒市南コミュニティーセンターせせらぎホール

クリスマスおさらい会2016年

クリスマスおさらい会は、新しくなった我が家のお披露目も兼ねて、自宅ピアノ室で行う事になったのは良いのですが、何せスペースが限られている為、なんと3回に分けて行いました。ピアノ演奏に、ゲームに、プレゼント交換など、ピアノ室で盛り上がった後は、リビングの方に場所を移し、ケーキとおやつを食べながら、大人も一緒に楽しみました。カンタービレピアノ教室では、普段孤独になりがちなピアノという習い事だからこそ、横のつながりを大切にしたいと思っています。久しぶりに家の中に子供たちの嬉しそうな大声が響きわたる1日でした。