に投稿

あけましておめでとうございます

今年もどうぞよろしくお願いいたします。
今年はオリンピックの年、新しいことにもどんどんチャレンジして行きたいと思います。思い立ったら吉日、色々な事を後回しにせずに行動的に過ごしたいと思います。

春日大社

去年は20年ぶりにアメリカに行き、とても濃厚な時間を過ごしたのですが、そこにたどり着くのに20年かかってしまった事だけは悔やまれます。行こうと思えばもっと早く行けたのに、こんなに楽しいのだったら、もっと早く行けば良かったのにと、すごく損した気分です。もうちょっと行動が早ければな〜・・・って。最初の一歩って、遅らせる程にどんどん大変になってしまうのだと思います。

でも、去年ので勢いに乗っているから、気が大きくなって今年は結構身軽に行動できそうな気がしてきます(I hope…)。今年はそんな一年にしたいです。後回しにしないで、行動する。

年末には、夏お世話になった友人が家族連れで日本に遊びに来てくれるなど、総じてインターナショナル色の濃い一年でした。久しぶりに喋る英語も、始めは言葉がなかなか出てこなかったりしましたが、すぐにべらべらと無駄口を叩けるくらいになり、たくさん笑い、20年前に若返った気がしました。ついでに顔も若返ってないかと鏡を確認しましたが、お顔は変わらずでした。年末にRayが来てくれた事を書きましたが、実はRay一家に合わせて私の大学時代のルームメートも夫婦で来てくれていました。ルームメートは一緒にリサイタルを弾いたり、旅行をしたり、一緒に泣いたり笑ったり、大学時代で一番仲の良かった大親友です。今回はみんな家族も一緒だったのですが、家族同士もあっという間に仲良くなり、和気藹々と学生のように盛り上がり、本当に楽しい年末年始となりました。この仲間とまた音楽をしたいと、むくむく妄想しているところです。

に投稿

ミニコンサート

Ray and Maya Kilburn at Cantabile Piano Studio
Ray and Maya Kilburn

年末、私のインディアナ大学時代のピアノの先輩のRayが家族を連れてここにやって来ました。Rayは、5月にも日本にやって来て、ここで公開レッスンを開いてくれたのですが、その奥様は日本人で声楽家。お子さんのマヤちゃんは、モデルのようなすらっとした美人で、まだ17歳になったばかりですが、素晴らしいバイオリンの腕前を持つ可愛らしいお嬢さんです。

今回はピアノ室でそのマヤちゃんがミニコンサートを開いてくれました。マヤちゃんは帰国後すぐに国際コンクールがあり、既に臨戦態勢。素晴らしいシベリウスのコンチェルト(Ray のピアノ伴奏)とバッハの無伴奏ソナタを演奏。部屋が広ければもっと大勢の人を招けたのに、招けなかった人たちには申し訳ないような、本当にとても贅沢な時間でした。また生駒に来て沢山の人の前で演奏をしてもらえないか、考えているところです。

に投稿

クリスマスおさらい会2019

今年はカンタービレピアノ教室ピアノパーティーと題して、12月22日に南コミュニティーセンター小ホールで行いました。前半はパーティーと呼ぶには少し改まった感じでしたが、スタジオ全体のレベルの底上げにとにエチュードとスケールを弾いてもらい、後半にはクリスマスにちなんだ曲や、ゲーム、プレゼント交換、おやつタイムなどを持ってきて、みんなで年末大いに盛り上がりました。

みんなの感想・・・ゲームが一番楽しかったって、やっぱり、ね。